ぺちゃパイの私が調べたバストアップ手術とその特徴

バストアップをする為の手術方法には複数の種類がありますが、まず定番となっているのがシリコンジェルバッグを挿入する方法です。
シリコンジェルは感触が良く、その感触が本物のバストに近いという特徴を持っています。
ただし、治療後の痛みが強いという短所もある手術です。
他にもバストアップ手術の際には生理食塩水バッグが利用される事もあります。
生理食塩水バッグはシリコンと比較した場合、感触がやや硬めという短所があります。
しかしながらもしバッグが破れてしまった場合でも安全性が高い為、安全性を重視して利用される方も少なくありません。
因みにシリコンバッグの場合に破れてしまうと、シリコンを取り除く為の手術が必要になる可能性があります。
バストアップ手術には脂肪注入もあります。
脂肪注入の特徴は、自らの脂肪を注入する事になりますので比較的安全性が高いという事です。
また、脂肪を注入する訳ですので非常に自然な仕上がりになるのも利点です。